小川フミオ
2012年6月
« 2月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
小川 フミオ/OGAWA Fumio
Earshot

「イヤーショット」とは英語で「聞こえる範囲」のこと。取材中に聞いたことで、「これおもしろいね!」という言葉を、自分なりにふくらませてみたのが、このブログ。記事から外れてしまう発言の中にも、現在を的確に批評していたり、未来へと向かうヒントが隠れていたりする。プロフィールは、グルメやクルマを中心に、ライフスタイル全般を手がけるジャーナリスト。


月別アーカイブ: 6月 2012

「……(無言もいいものだ)」

このあいだフランスでTGV(高速鉄道)に乗った。


パリ・モンパルナス駅で

TGVとか「テージェベー」とか言うとカッコいいが
Train a Grande Vitesse (速く走る電車)の頭文字ときくと
ちょっと肩すかしを食った気分だ。

僕が最初にTGVに乗ってから
もう30年ほどたつが
新幹線なんかより居心地のいいところは健在だ。

シートの出来
照明
食堂車の存在
それに駅では改札がない欧州式など
僕はずっと好きだ。


切符は各自が乗る駅でスタンプ

ところがパリから乗ったときは
座席の二重売りがあって
僕は45分経つはめに。
いや、途中から戸口ちかくに
緊急用に設けられている
折りたたみ式シートを使った。
,br>
全席指定なのに
なぜ折りたたみシートが?という疑問は
いっきに氷解した。


もういっかい乗ったときは
オレンジ色がやさしい室内で
ボックス席の
ソフトなシートに落ち着くことが出来た。
前席には歳の頃からいうと
大学に入りたてぐらいのオンナの子が座って
リポートと静かに読んでいた。


そのとなり(僕の正面)には40代後半の
「オヤジ」というかんじのフランス人(だと思う)
日本でも競馬場とかにいそうなタイプで
これが落ち着きがない。

ボルドーの小瓶とナッツを買ってきたかと思うと
あっというまに
それを平らげ
あとはそわそわしている。
立ったり座ったり。
1時間半そんな調子。
その間
読書する女性は微動だにせず
明るい夕方の光を浴びながら
座っているのだった。

日本ではスマホを操る女性は多いが
電車で一所懸命
読書をする女性は少ないように思えていたので
彼女の無言は
いい体験になった。


カテゴリー: 未分類 |