小川フミオ
2012年11月
« 7月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
小川 フミオ/OGAWA Fumio
Earshot

「イヤーショット」とは英語で「聞こえる範囲」のこと。取材中に聞いたことで、「これおもしろいね!」という言葉を、自分なりにふくらませてみたのが、このブログ。記事から外れてしまう発言の中にも、現在を的確に批評していたり、未来へと向かうヒントが隠れていたりする。プロフィールは、グルメやクルマを中心に、ライフスタイル全般を手がけるジャーナリスト。



「コーヒーの蜜は甘い」

「コ-ヒーの蜜というので甘いよ」と
言われて口に含んだのが
枝から
この手でもいだばかりのコーヒービーンズ。

濃い赤に熟したそれを口中にいれ
軽く歯をあてて噛み割ると
じわっと甘くてすこし酸っぱい汁が出る。
それを「コーヒーの蜜」というそうだ。
コーヒー農園でしか
絶対味わえない秘密(笑)の味だ。
口のなかに残った実を吐き出し
さらに硬い種を出すと
コーヒー豆の形をしていた。

僕が知っているのは
いわゆるコーヒー色の焦がした豆だったから
淡い緑がかったベージュ色の豆は
じつに新鮮。
コーヒーの香りもせず
青っぽい匂いだがさわやかだ。
僕が「コーヒーの蜜」のことを聞いたのは
南米コロンビアのマニサレスという町から
クルマで1時間ほど走った
コーヒー農園にて。
山の中へどんどん入っていく。
コーヒーの木もワイン同様
太陽の光線を
しっかりあてることが重要なので
木の植えられた斜面は
角度が40度近くある。
うっかり足を踏み入れると
滑って転げ落ちそうになる。

ここでコーヒー
(スペイン語では木も「カフェ」)を
栽培している
ブエノザイレス農園を訪れたのである。

長くなってしまうので
続きはまたすぐ書きます。


カテゴリー: 未分類 |